よくある質問

全国永代供養墓検索や無料仏事相談、ブログなど
内容をより充実させたウェブサイトを開設しました。
こちらをクリックして新しいウェブサイトをご覧下さい。
(今後は新しいウェブサイトを更新していきますので是非ご覧下さい)
  
Q&A よくある質問
  1. 永代供養墓とは
  2. 永代供養墓のメリットは
  3. 永代供養墓はこんな人にお勧め
  4. 永代供養墓の納骨はどのようにされるのですか
  5. 永代供養墓の一式料金とは
  6. 永代供養墓への改葬手続きは
  7. 生前申込みはできるのでしょうか
  8. 戒名は付けてもらえるのですか。
  9. 戒名がなくても納骨できるのでしょうか。

永代供養墓とは 

お寺、霊園が建墓して、家や家族に代わって墓守(供養・管理)をしてくれるお墓です。お参りは自由にできますが、お参りする人がいなくても、いなくなっても無縁仏・無縁墓になる心配がありません。

永代供養墓のメリットは

1 墓守、お墓の承継者がいなくても、いなくなっても無縁仏・無縁墓になる心配がありません。
2 お寺、霊園が建墓するので、墓石代など建墓費用がかからない(個別墓型は除く)。
3 一体・一人いくらという料金設定で個人一人、一体だけでも申し込めます。
4 申込時に一式総額料金を納めれば、その後年間管理費等がかかりません。
 (生前申込については年会費、年間管理費を納めるかたちになっているところもある)
5 宗旨宗派は問われません。
6 檀家になる必要はありません。
7 生前申込ができます。

永代供養墓はこんな人にお勧め

1 お墓を継ぐ・墓守する人がいない(子供がいない、子供が嫁いだ、
 身寄りが遠くにいる、継いでくれない)
2 お墓のことで子供に負担を残したくない
3 身寄り、縁故者がいるが、お墓のことを頼めない、頼りたくない
4 単身生活をしているので自分ひとりだけのお墓を求めている
5 お墓にあまりお金をかけたくない、かけられない
6 生前に自分の納骨先を決めておきたい
7 遠方のお墓を墓じまいして改葬したい
8 今のお寺から離れたい、離檀したい
9 伝統的・旧来的なお墓の制度にこだわりたくない

永代供養墓の納骨はどのようにされるのですか

1 合祀タイプは、ご遺骨を合祀スペース(お墓の下)に散骨
2 お骨安置タイプは、空所のお骨安置スペース (棚、壇等)に骨壺(あるいは別の納骨容器)を
 安置(7~33回忌後合祀する場合が多い)。

永代供養墓の一式料金とは

1 永代供養料=永代にわたっての墓守(供養・管理)の費用
2 納骨時の法要のお布施
3 刻字代=墓誌に名前を彫る費用
 この3つが必要不可欠の費用で料金に含まれていれば、特別なことをお願いしなければその後の費用は発生しません。 ただし、各永代供養墓によって一式料金の内訳が違うので、必ず一式に何が含まれているのか、何が別途なのか、必ず確認してください。

永代供養墓への改葬手続きは

1 今のお墓のある墓地の管理者(寺院墓地の場合はお寺)に改葬の申し出。
 また、改葬先の永代供養墓さがしも始める。
2 今のお墓のある墓地の管理者(寺院墓地の場合はお寺)と改葬先の永代供養墓先との段取り交渉をする。
3 お寺と話がついたら(霊園の場合は事務的で交渉必要なし)、今のお墓のある役所から
 「改葬許可申請書」をもらい、所定の欄に記入し、今のお墓のある墓地の管理者
 (寺院墓地の場合はお寺)から署名押印をもらう。
4 改葬先永代供養墓の申込手続きをし、受入許可書(使用許可書、使用承諾書等の
 名称は異なる) を受け取る。
5 「改葬許可申請書」、永代供養墓の「受入許可書」を今のお墓のある役所に提出、
 「改葬許可書」を受け取る。
6 墓じまい、お骨の取り出しをして、改葬先永代供養墓に納骨する。
 (改葬許可書は永代供養墓先に要提出)

生前申込みはできるのでしょうか

生前契約できることころがほとんどです。

戒名は付けてもらえるのですか。

戒名を希望する場合は、別料金となることがほとんどです。

戒名がなくても納骨できるのでしょうか。

戒名がなくても俗名でも大丈夫なところがほとんどです。